【アッシュアームズ‐灰燼戦線】プレイしてみた!とにかくリベレーターがエロい!

ゲームレビュー

この記事では「アッシュアームズ‐灰燼戦線」をプレイしてみた筆者の感想をリアルにお届けします。

ゲームの正式なジャンルとしては『美少女×ミリタリーシミュレーションRPG』となっている今作。

美少女が出てくるゲーム、SRPGが好きな方には必見ですね。

アッシュアームズ‐灰燼戦線

簡単にゲーム内容を紹介

『アッシュアームズ‐灰燼戦線‐』とは、200年にも及ぶ謎の鉱石状生命体の侵略によって終末を迎える世界を舞台にした、擬人化美少女×ミリタリーシミュレーションRPGです。

謎の鉱石状の生命体「災獣(リセッター)」が突如現れ、人類は蹂躙されていった。

存亡の危機に瀕した人類は、黒鉄の武装を身に纏う人造生命体「DOLLS」を開発し、リセッターへの反撃を狙う。

これは産まれながら戦う使命を課せられた少女達が紡ぐ反攻への物語――。

可愛くも美少女なキャラを育成

謎の鉱石状の生命体「災獣(リセッター)」の侵略によって終末を迎えている世界を舞台にしたゲームなので、

ストーリー自体は決して明るくものでは無く、かなり重たいです。

しかし、

その世界感には決して似付かないような、とても可愛いキャラクターばかりが出てきます。

普通にパンチラしてます。

キャラクターは本当にかなり可愛いです。

イラストも戦闘用と普段モードの2種類が用意されており、スキンで衣装の着替えも可能です♪

そして各キャラクターにしっかりボイスがついているのもポイント!

可愛いキャラクターが可愛い声で喋ってるだけでテンションが上がりますよね。

起用されている声優陣も有名な方ばかりです。

地上と空中で戦うバトルシステム

戦闘では敵と味方で交互にユニットを動かしていくターン制ゲーム。

一般的なSRPGと違う点が2つあり、

「地上と空の2ラインシステム」と「自陣の防衛要素」

「自陣の防衛要素」とは、アッシュアームズでは敵ユニットが左端まで到達してしまうとゲームオーバーになります。

地上と空中で、敵の戦いをバランス良く行い全ての敵を全滅させる事が求められます。

戦闘アニメーション自体にはそこまで派手さは無く、淡々と進んでいくのですが

とにかく、もっさりしていて快適性に欠けます。

筆者が普段こういったジャンルのゲームをしないという事もあるのですが、

スパロボは大好きです。

戦闘スピードを倍速にしても全く早くないです。

オートバトル機能もありますが、全く戦闘は早く終わりません。

通勤時の電車や、隙間時間でポチポチやるには、個人的には向かないのでは?

と、思います。

初回ガチャは引き直し放題でリセマン不要

スマホゲームアプリなので、もちろんガチャ要素があり、アッシュアームズでもチュートリアルにて10連ガチャが引けるのですが

このチュートリアルで引けるガチャは1引き直しガチャ可能となっております。

なので必然的にリセマラが不要に!

しかもこの引き直しガチャはSSRキャラが絶対に1体当たります。

運が良ければ2体以上出る可能性もあります。

全てのスマホゲームを初回引き直しありなガチャにしてほしい。

リベレーターがとにかくエロい

星3の当たりキャラでもある『Bー24リベレーター』

なんだかこのキャラだけ妙にかなりエロいです

他のキャラは全体的に、可愛いのはもちろん、細身なキャラが多いのですが

なんかリベレーターさんだけ、胸もでかいし、なんだかエロいです。

まとめ

とにかく可愛い美少女キャラが出てきて、奥深いSRPGをしたい方にはおすすめです。

逆に、

暇つぶしだったり、1日の生活の中での隙間時間でポチポチとスマホゲームを楽しみたい方にはおすすめできないかも知れません。

後は、

とにかくリベレーターがエロいです。

個人的には、もう少しだけ戦闘スピードが上がれば継続してプレイしたいな、と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました