足に血管が浮き出るのなら下肢静脈瘤かもしれない

ハートを持つ人

病気の特徴と治療法

頭のレントゲン

どのような病気なのか

脳動静脈奇形は脳内の血管に関する病気です。血管には動脈と静脈の2つがあり、それぞれ毛細血管によって繋がっています。脳内にも同じように動脈と静脈がありますが、脳動静脈奇形においては毛細血管が上手く形成されず、動脈と静脈が直接繋がっている状態になります。そのため、動脈の圧力が静脈に直接伝わることになります。脳動静脈奇形の主な症状としては出血があります。静脈へと伝わる圧力が通常よりも強いため出血が起こりやすく、それに伴い頭痛や嘔吐、痙攣、運動障害などが引き起こされます。脳動静脈奇形は動脈と静脈が作られる時、つまり母親のお腹の中にいる時に発生します。生まれつきの病気であり、生まれた後に発生する病気ではありません。

検査と治療の方法

脳動静脈奇形の検査はCTやMRIなどの画像を使って診断を行います。ちなみに出血が起きた後に画像診断を行い、発見されると脳動静脈奇形ではなく脳内出血として診断されます。脳動静脈奇形の治療は手術を行います。痙攣を起こした際は痙攣を止めるための薬を利用しますが、基本的に脳動静脈奇形そのものが薬で治ることはありません。具体的な手術の方法としては開頭手術を行います。頭蓋骨の一部を開き、血管を正常な状態にします。動静脈奇形が生じている場所や大きさなどにより手術の難易度が変わります。開頭手術が困難である場合には放射線治療を行います。高度な技術が使われているため小さな奇形にも対応することが可能です。いずれにせよ脳動静脈奇形の治療を行う際には医師との綿密な相談が重要です。