足に血管が浮き出るのなら下肢静脈瘤かもしれない

ドクター

下肢静脈瘤の症状と対策

脚

むくんだり疲れやすくなる

足の血管が浮き出るのは女性に多い症状で、下肢静脈瘤という病気の可能性があります。網の目状に血管が浮き出る以外にも、足がむくんだり疲れやすくなったりするのが特徴です。下肢静脈瘤の直接の原因は、静脈の中で血液の逆流を防いでいる弁が働かなくなることです。弁が機能しないと重力のせいで血が下へ溜まり、足の腫れやむくみを引き起こします。一般に弁の働きは加齢とともに弱くなるため、下肢静脈瘤は40代以降に発症しやすくなります。また若くても長時間の立ち仕事をしている方や、デスクワークでずっと同じ姿勢を続けている方に見られます。ほかに女性ホルモンも影響を与えていると考えられ、妊娠や出産を機会に発症することがあります。

いろいろな治療方法

足の血管が少し浮き出る程度なら、適度なマッサージやストレッチで改善できることがあります。また弾性ストッキングを履いてふくらはぎを締めつければ、浮き出る血管を押さえて血行を改善し、足を楽にすることができます。しかし弁が完全に壊れていたら、自然に治癒することは期待できません。そのような場合は外科的な処置で治療を行ないます。下肢静脈瘤の治療方法としては、問題のある血管を引き抜いてしまう手術のほか、静脈内に光ファイバーを通してレーザーで焼き切ったり、硬化剤を注入して静脈を塞いだりする方法が用いられています。血管を引き抜く手術以外は10〜30分程度で終わり、入院が不要で体への負担も軽いというメリットがあります。

お腹に触れる人

症例が少ない

十二指腸がんは、きちんと治療する必要性があります。完治させるなら高いレベルの医療サードも必要になります。こうした医療サービスを利用することによって、ある程度進行しているような十二指腸がんも完全な治療を目指すことが可能となっています。

頭のレントゲン

病気の特徴と治療法

脳内の血管の異常により、動脈と静脈が直接繋がっている病気のことを脳動静脈奇形と言います。症状には、脳内出血などが挙げられます。主な治療としては開頭手術と放射線治療があります。薬での治療は行えないので注意が必要です。

看護師

治療法は色々とある

癌性胸膜炎の治療は、進行しています。治療法が進んでいることもあり、積極的に専門的な治療を受けるとことが重要になります。実際にこうした治療で救われている人は、たくさんいます。まずは、信頼できる医療機関を見つけることが重要になります。